HOME

ひきつける文言

風俗の求人などを見ていても、やはり他の仕事よりも高時給であることをどの求人誌もうたい文句のように書いてあります。
ですが、実際どれくら稼げるのでしょうか。
自分磨きも怠ることができない、風俗業界としては美容代などを引いた実際に自分が自由に使えるお金の金額というのは、非常に気になるところですよね。
例えば他の職業であれば、友人知人などにその業界の給料体系などを聞くことも可能かもしれません。
ですが、風俗のような中には知り合いに風俗で働いていることをヒミツにしたいといった人が多いこの業界としては、なかなか人には聞きにくいことでもあります。
ですが給料というのは、どの仕事をするにあたっても非常に大切なことであるので、風俗の求人とにらめっこを始めるようになってきましたら、是非今日のこの記事も参考にしてもらえたら幸いです。

joint_00042

求人の内容

さて、風俗の求人には、日給35,000円以上ですとか、他には普通の会社員の給料分をなんと1日で稼げるという求人の記載もあります。
日給35,000円くらいでしたら、仕事内容も内容ですので妥当かなとは感じてしまう部分もありますが、月給分を1日というのはなんだか信じがたい話でもあります。
もしそんなに稼ぐことができたら、いったい1日に何人の男性にどんなサービスをしていかなくてはいけないのかなどとそういった心配まで出てきてしまいます。
実際のところ、手当があるのか、または指名率などのノルマがあるのか…不透明なところが多い風俗業界ですね。
どんな求人があるのかチェック!

mental_00036
詳しく調べると風俗の求人には給料の金額として書ける金額になんと上限がありました。
実際のところは、あまり参考になりません。ちょっとショックですね。
大体の目安としては、お店と自分が半分半分の取り分です。
なので、お客様がついたら、なるべく時間延長をしたほうが自分の給料が増えていきます
ですが、お客様全員を時間延長するとお金は稼げますが、それなりの体力も必要です。
そして、繁忙期であれば1日に7~8人程度相手することが出来、収入もそこそことなりますが、平日だと3人から5人でいいほうです。
平日として換算するとだいたい15,000円から25,000円程度の収入が1日となります。

loyal_00022

必要経費

そして、衛生のための用品…たとえばイソジンとかアルコールそしてゴムは自腹なのでだいたいこういった分が1,000円程度毎日発生します。
ですが、1,000円引いても14,000円以上は稼げるのでそうなると、普通の仕事の2日分が稼げるといったところですね。